大江川浄化用水導水事業


f0318400_17191185.jpg
岐阜県海津市に大江川という川があります。

下流で清流・揖斐川へと合流する川なのですが、

平地を流れるため高低差が少なく、川も浅いため、

真夏になると水が淀み、アオコという水草の一種が大量に発生して、

毎年大問題となっていました。

アオコの大量発生が、何がそんなに大問題なのかと言いますと、

このアオコ、枯れて腐ると、ものすんごい臭いんです。

臭すぎて処分するにもどうにもならないので、

対策として最も有効なのは、川の水温を下げて、

アオコを発生させない、ということになるようです。


で、今回、富士丸産業のお仕事は、

我が社の大型ポンプにて、真夏でも水温の低い農業用水を

大江川へ大量に送って、水温の上昇を防ぐというものでした。

f0318400_17191141.jpg
f0318400_17191130.jpg
f0318400_17191108.jpg
口径350mmの大水量水中ポンプを、

4台設置しましたので、

合計で毎分60トンもの水を大江川へ導水することができます。

下の写真が今回設置したポンプですが、

人の背の高さほどもある大きなポンプです。
f0318400_17292404.jpg
導水開始のセレモニーでは、市長さんや議員さん、

地元の高校生や新聞社や地元テレビ局なんかも来て、

随分と賑やかに行われました。

f0318400_17191111.jpg
f0318400_17191180.jpg
f0318400_17191157.jpg

富士丸産業のホームページはこちら
http://www.fujimaru.org/



[PR]
by Pumps_Fujimaru | 2013-08-08 22:59
<< 仮設大型排水ポンプ、北海道へ出荷。 沖縄へ社員旅行!! >>