サンドポンプによる浚渫工事

f0318400_13020257.jpg
千葉県内にて、

浚渫用サンドポンプ(口径150mm)の取付作業を行ってきました。

大型のバックホーにサンドポンプをアタッチメントにて固定し、

台船上のバックホーにて堆積ヘドロを除去するものです。

サンドポンプの他に高圧ジェットポンプを併用し、

締め固まった汚泥をほぐしながら効率的にヘドロを吸い上げます。

f0318400_13020205.jpg

上の写真はジェットポンプの噴射試験を行っている時のものです。

f0318400_13020245.jpg
サンドポンプの保護フレームも弊社にて製作したものを取付しています。
f0318400_13020212.jpg
吸い上げたヘドロ(汚泥)は分級設備にて分別され、

濁水処理を行ったのち余った水は再び放流します。

有機物を多く含んだ汚泥は通常の脱水機では脱水性が悪いため、

高圧のフィルタープレスにて脱水処理します。



富士丸産業のホームページはこちらです。
業務内容、会社案内等はホームページをご覧ください。
http://www.fujimaru.org/



[PR]
by Pumps_Fujimaru | 2014-05-31 13:07
<< 長島機材ヤードの看板取付 大阪にて仮設の大型水中ポンプの... >>